LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

インターネットのサイトで二日酔いに効果的な方法は存在せず、またスパリブの実証研究は不十分であるという批判記事をみました。こちらの記事では、ビタミンCを飲むのと変わらないとのことでしたが、私はスパリブの効果を感じています。 スパリブの臨床試験や二日酔い対策について、詳しく教えていただけないでしょうか。

2018.05.15

批判的な記事はこちらのことかと思います。
http://yuchrszk.blogspot.jp/2015/12/supaliv.html

ライターの方は恐らく医師の方ではありませんので仕方がないとは思いますが、もう少し詳しくSUPALIV(スパリブ)についてお調べいただくか、事前にお問い合わせいただきたかったですね。


まず、2005年の時点での古い論文を例に出されていますが、2008年に臨床試験会社アレグロに依頼してSUPALIV(スパリブ)のアルコール代謝の治験を行っており、参加者は40名で結果のサマリーは弊社ホームページ(http://timajapan.com/)でも公開しています。

また、文中で『二日酔いになるまで飲ませていない』と記載がありますが、臨床試験(※人に対して行う「治療を兼ねた試験」)で二日酔いになるまで飲ませること自体が人体に危険性がありますから、そのような臨床試験を実施すること自体が不可能です。

マウスのデータでは、急性アルコール中毒での致死量に近いアルコールを投与しており、そして死亡率の推移を見ております。

http://antioxidantres.jp/wordpress/achievement/

二日酔いは、アルコールが代謝したアセトアルデヒドという毒物が全身をサビさせる(酸化ストレス)事で起こります。ですから、酸化ストレスを押さえることの出来るものしか効果がありません。
現在も研究室で世界中で販売されているアルコール対策サプリメントを調べておりますが、SUPALIV(スパリブ)同様に酸化ストレスを有効に押さえることの出来るものは確認できておりません。