LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

フマル酸

2018.06.29

有名ではないけど、知らない所で食品に添加されている成分。

体内でエネルギーを生み出す過程で作られる中間物質で、コハク酸と同様に体内に取り込まれると速効性のエネルギー源として役立ちます。

この成分が大きく関わるエネルギー生産の経路が活性化されると疲労の原因物質の1つである乳酸の分解が早くなり疲労回復が向上すると言われています。食品に添加されていることも多くクエン酸の代わりに酸味を加えたり、食べ物を膨らませるベーキングパウダーにも使われています。

 

【小話】
ビタミンは小説舞姫などで有名な文豪の森鴎外とも大きく関係します。森鴎外は軍医としても非常に高い地位に居ましたが、日露戦争時日本陸軍で流行した脚気に対して大失策があります。
当時、脚気はビタミンB1の欠乏症であることは知られてなかったのですが、ビタミンB1を含んでいる麦飯を食べることで改善・予防が出来ることが江戸時代から経験的に知られていました。
しかし森鴎外は麦飯が関係ないと表明しており日露戦争では配給の反対派でした。森鴎外一人の責任ではないのですが、結果として日露戦争では戦死者の半数以上が脚気で病死しました。ビタミンが日々の健康に対していかに重要か分かりますね。