LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

ちょっと教えて犬房先生! Q&A

40歳を超えたとたんに太りはじめました。30代と食事・運動量などは変えていないのにどうしてですか?

ヒトは生まれた時が最も酸化ストレスが低い状態です。そして、20歳代までは酸化ストレスを打ち消す還元力は強いのですが、その後還元力が徐々に下がってくるので酸化ストレスが上がってきます。

個人差もかなりあるのですが、あなたの場合、40歳以降還元力が下がっている可能性があります。

現在の栄養学では食事の60%を糖質、20%を脂質、20%を蛋白質から摂るのが良いバランスと言っていますが根拠はありません。

人類は700万年の歴史の中で699万年の間は糖質をほとんど食べていなかったのですね。そして糖質を食べるとエネルギーを作り出すミトコンドリアがATP合成をサボるので余った酸素から酸化ストレスが上昇します。(この理論は東京大学大学院農学生命科学研究科生体影響評価研究室の局博一(つぼねひろかず)名誉教授から教えて頂きました。)

今までと同じ食事では健康に良くありません。

ですから食事の60%を脂質から、30%を蛋白質から、10%を糖質から摂るように変更してください。低糖質(低炭水化物)ダイエットの本を参考にしてください。これを行うだけで酸化ストレスは下がりますし、体重も減ってくるはずです。もちろんTwendee X(トゥエンディエックス)を飲んで食事だけでは対応できない代謝を上げることも体重低下につながります。