LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

アルコールとアセトアルデヒドの分解

2018.05.22

 

 

【アルコール=お酒】を指す言葉として使っていますが、エチルアルコールが含まれる飲料を一般的には“お酒”と呼んでいます。エチルアルコールの化学式は「C2H5OH」。

このエチルアルコールを体内の特に肝臓で分解するのですが、その過程でできるのが“アセトアルデヒド(CH3CHO)”です。

 

このアセトアルデヒドは酢酸の製造原料や、塗料の溶剤など産業では無くてはならない物質ですが、一方体内でアセトアルデヒドの濃度が高まると二日酔いの原因や肝機能を低下させ炎症を引き起こす毒性があるのです。

 

そして、肝臓内でエチルアルコールが毒性のあるアセトアルデヒドになった後、身体に無害な酢酸(アセテート(CH3COOH))になります。その後、酢酸は肝臓から血液にのって更に分解され二酸化炭素と水になります。

 

アセトアルデヒドの分解

ここで、どのようにエチルアルコールが体内に入りアセトアルデヒドになり、その後分解されていくのか説明します。

まず、お酒を飲むとその成分エチルアルコールは、

2割が胃、8割は小腸で吸収され、吸収されたエチルアルコールは血液にのって流れます。この吸収スピードは速く30分~2時間程度です。この段階ではまだエチルアルコールのままです。

 

次に、血液の流れにのって全身をまわる過程で、肝臓を通ります。

 

 

肝臓に入ったエチルアルコールは“アルコール脱水素酵素(ADH)”という酵素で酸化され、アセトアルデヒドにします。これが一次代謝といわれます。

 

このアルコール脱水素酵素(ADH)は、アルコールデヒドロゲナーゼともいわれ大部分が肝臓にあります。少量が胃、腸、腎、網膜、脳にも存在しています。

そのため、肝臓でほぼアセトアルデヒドは作られるのです。

 

一次代謝の後、二次代謝が行われます。

体内で毒性を発揮するアセトアルデヒドを無害な“酢酸”に変わります。

この時に使われるのが、“アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)”です。

 

このアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)は種類があり、ALDH1(1型)ALDH2(2型)です。主にALDH2(2型)でアセトアルデヒドから酢酸への酸化は行われますが、ALDH1(1型)も同じように関わっています。

ただ、一般的にアルコールに弱いといわれる人はこのALDH2(2型)の活性が弱いといわれています。日本人がお酒に弱いといわれるのは、このALDH2(2型)に要因があります。

肝臓内でエチルアルコール→アセトアルデヒドになり、肝臓から身体に無害な酢酸となった後、アセチルCoAとして”TCAサイクル”(TCA回路、クエン酸回路)にのってエネルギーになり二酸化炭素や水になります。その後、尿として体内から排出されます。

 

今後、TCAサイクルについては改めて詳しく説明しますが、アルコールとアセトアルデヒド分解というのは、エチルアルコールが毒性のあるアセトアルデヒドになり、無害な酢酸になって二酸化炭素と水になることをいいます。

 

この分解がうまくいかず、アセトアルデヒドのまま体内に残ってしまうと悪酔いしたり、次の日まで残ると二日酔いとなります。

 

アルコール分解は、ほぼ肝臓内の”ミトコンドリア”で行われており、このミトコンドリアがアルコール分解をスムーズに行うためには、大量の酸素と糖とこれを分解して出来るエネルギーの役目が重要です。

 

 

 

 

 

関連動画

動画一覧へ