LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

研究内容

酸化ストレスと疾患について

生物は呼吸を通して大気中の酸素を使って、身体の中で栄養素を燃やしてエネルギーを作り出しますが、同時に副産物として活性酸素種(ROS)も産生されます。この ROS はエネルギー産生以外にも紫外線や放射線、細菌やウイルス、大気汚染などの外的因子によるものと、喫煙や大量のアルコールなどの生活習慣によるもの、そして病気やストレスによるものとさまざまな要因で産生されます。

体内には 元々ROS を消去する働き(抗酸化力)が備わっていますが、年齢と共にその働きが衰え ROS の産生が過剰になる(酸化ストレス)と、細胞に障害を起こし、身体はどんどん錆びていきます。この錆びこそが「老化」であり、更には150種類以上もの疾患と関連していると報告されています。
主な病態としては、ガンや炎症性大腸炎、睡眠時無呼吸症候群、糖尿病、アルツハイマー病、慢性疲労症候群、高血圧、筋萎縮性側索硬化症、肝硬変などがあげられます。

研究目標

ビタミンとアミノ酸の配合剤を用いて多くの病態の予防や改善を証明し、そのメカニズムを知ることで、医療費の削減や今日の高齢化社会の健康長寿に貢献することを目標としています。

年齢とSOD活性

酸化ストレスが引き起こす疾患

※「SOD」とは、Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の略で、私たちの体内で過剰となった「活性酸素」を取り除いてくれる「酵素」です。

開発配合物 Product

配合物「SUPALIV(スパリブ)」について

欧州TIMA医療財団のマーカス・マテューシカ理事長の「アルコールの代謝を促進してその健康被害を軽減できる方法はないだろうか」という相談から始まった研究によって開発された配合物です。第三者機関による臨床試験と安全性試験を経て、安全性が認められています。

「アルコール代謝を和らげる、およびアルコール誘発性疾患のリスクを減少させるための組成物」(日本国特許庁 特許第5785581号)  

SUPALIV

配合物「Twendee X(トゥエンディ エックス)」について

配合物 「SUPALIV(スパリブ)」の成分量を変え、糖・脂質代謝の促進を目的として改良された配合物です。
ドイツ・レーゲンスブルク大学 放射線物理学教室のヘルムート博士が抗酸化活性に着目し、自らの実験である「リゾチーム酵素実験」を実施、その結果からビタミンCよりも強い抗酸化効果があると認められたことをきっかけに本格的に抗酸化研究が開始されました。フランスの抗酸化物質研究機関「ICDD(International Centre for Diffraction Data)」からは、副作用が無く世界で最高レベルの抗酸化力を誇る物質と認定されています。現在、日本認知症予防学会や臨床研究情報センター(公益財団法人 先端医療振興財団)での臨床試験が開始しています。

「細胞障害作用からの防御のための組成物」(日本国特許庁 特許第5777821号)

Twendee

「SUPALIV(スパリブ)」、「Twendee X(トゥエンディ エックス)」の安全性と有効性について

当研究室で研究している配合物「SUPALIV(スパリブ)」及び「Twendee X(トゥエンディ エックス)」の安全性及び有効性は、第三者機関委託して実施しました。

安全性試験:2007年、株式会社イナリサーチ ( http://www.ina-research.co.jp/)

ラットにおける1週間反復投与における影響 (イナリサーチ 試験番号:GL43080)
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験 (イナリサーチ 試験番号:BV07158)
ラットにおける4週間反復経口投与毒性試験 (イナリサーチ 試験番号:BV07156)
細菌を用いる復帰突然変異試験(シスチンを除外)(イナリサーチ 試験番号:BV07352)

実施試験

有効性試験:2008年、株式会社アレグロ(https://www.allegro-inc.co.jp/) 一日の最大摂取安全量は体重1キロあたり2グラム以上と報告されています。
「SUPALIV(スパリブ)」1粒には有効成分が500mg配合されていることから、体重60キログラムの方であれば毎日240粒を飲んでも安全であると言えます。

下記、アレグロからの報告書を抜粋。

臨床試験食品名:SUPALIV
試験課題名:SUPALIVサプリメントのアルコール代謝に関する臨床試験
実施機関:株式会社アレグロ 臨床開発部 日時:2008年9月25日

結論

アルコールの代謝を妨げる不純物が多く含まれるとされるワインを飲用した場合、SUPALIVを服用しない時には、血中アセトアルデヒド濃度は飲酒120分後であっても上昇傾向が認められ、アルコールの代謝は促進されないが、SUPALIVを服用した時には、アルコールの代謝が促進されていることがCmax、Tmaxの解析により確認された。時にALDH2部分的欠損者において効果が高いと考えられる。また、不純物が少ないとされるウォッカを引用した場合においても赤ワインと同様にSUPALIVがアルコールの代謝を促進していることが確認された。同時に、ワインを飲用した後の酔い症状に関する健康調査においても酔いの諸症状を緩和させる効果のあることが確認された。

取得特許について

「SUPALIV(スパリブ)」「Twendee X(トゥエンディ エックス)」は、様々な実証データを元に世界各国で特許申請を行い、日本国特許庁 特許第5785581号をはじめ世界各国 (アメリカ、カナダ、中国、オーストラリア、ドイツ、韓国、他ユーラシア9カ国、欧州36カ国)で配合特許を取得しています。

特許データをご覧になりたい方は下記の方法やサイトより主な取得済み特許をご覧になれます。 
(Google Patentsの特許検索で題名もしくは特許番号で検索可能。現在も多数の国際特許を申請中です。)
https://patents.google.com/

取得特許について