LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

研究成果

臨床/基礎試験

・日本認知症予防学会

『Twendee X』が、日本認知症予防学会 エビデンス創出委員会(委員長:岡山大学大学院神経内科・阿部康二教授)への申請が認められ、2017年4月より複数の認定施設で、認知症予備軍および脳卒中後の患者に対して200~300例程度を目標に、2~3年を掛けてヒト臨床試験に取り組むことが決定。2016年12月18日の第2回実務者会議で審議され承認を得ました。

《アルコール代謝》

血中アセトアルデヒド濃度と酸化ストレス度の変化

アルコール(比重計算5.6mg/kg)は蒸留水で500μlに希釈して腹腔内投与。
A. SUPALIV(60mg/kg)はアルコール投与の30分前に経口投与した。
B. SUPALIV(60mg/kg)を24時間間隔で4日間経口投与し、3回目と4回のSUPALIV投与1時間後にEtOHを腹腔内投与した。

これは2015年10月に開催された「第50回日本アルコール・薬物医学会」で発表した動物実験のデータです。 (岐阜大学動物実験承認番号:No.29-95)
マウスに大量のアルコールを投与し、二日酔いの原因になる「血中アセトアルデヒド濃度」と身体のサビの元になる「酸化ストレス値」を測定しました。(酸化ストレス値:ウィスマー社「FREE Carrio Duo(d-ROMsテスト)」にて測定)

アルコール投与後、24時間経過すると血中アルデヒド濃度は殆ど測定限界以下に代謝されます(グラフ.A)が、酸化ストレス値はアルコール投与72時間(3日)後から157U.CARRと大幅に上昇しました(マウス正常:110U.CARR程)(グラフ.B)。この157U.CARRという数値は、これまでの実験データから、致死量の放射線を当てた時より高い値になります。この高値状態は、投与から1週間経過後も続きました。これに対しSUPALIVを前投与しておくと、アセトアルデヒドの代謝だけでなく、酸化ストレスも一定抑えることができることが分かります。
お酒を飲みすぎた日から3〜4日後に風邪を引いた、もしくは体調が優れないといったことを体験されたことがあるのではないでしょうか。これは、まさに飲んだ翌日はアセトアルデヒドがなくなっているので特に変化を感じませんが、3〜4日後の酸化ストレスの上昇によって免疫状態が悪くなったと言えますね。

《急性アルコール中毒のモデルマウスの生存率》

短時間で大量のアルコールを飲むと、体内でアルコール代謝が追いつかなくなり、急性アルコール中毒を引き起こします。アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る可能性もあります。急性アルコール中毒の治療は、胃の洗浄、糖分の点滴、アセトアルデヒドを除くための血液透析ぐらいしかありませんでした。透析開始が遅れたり、出来なかったりした場合は救命が出来ません。

当研究室で、急性アルコール中毒のモデルマウスを作りサバイバルテストを行いました。 アルコール量で7g×1kgなので、ヒト換算した場合はウィスキーで1リットル程の大量のアルコールをマウスに投与したとイメージしてください。
無処置のマウスでは12時間以内にすべてのマウスが死亡します(赤線)。点滴と同じ効果のあるグルコース液を腹腔内に投与した群では生存時間が延びますが、それでも48時間以内にすべてが死亡しました(緑線)。
市販のウコン製品や肝臓水解物製品を事前に経口投与して同様のテストをしましたが、同じく約12時間で死に至りました。アセトアルデヒドが血液中から消えてしまった24時間以降でも死亡するのは、アセトアルデヒドによる酸化ストレスが高いまま長時間続くので肝臓などの臓器障害が生じるからです。

このモデルに当研究室で研究している配合物「SUPALIV」を合計4回(アルコール投与前1回、その後12時間おきに3回)投与したところ、すべてのマウスが生存しました(青線)。「SUPALIV」はアルコールとアセトアルデヒドの代謝を促進するだけで無く、酸化ストレスを押さえることで急性アルコール中毒を予防することが出来ると考えられます。

短時間で大量のアルコールを飲むと、体内でアルコール代謝が追いつかなくなることで誰もが陥るのが急性アルコール中毒です。治療としては、胃の洗浄や糖分の点滴、アセトアルデヒドを除くための血液透析が一般的です。透析開始が遅れる、または出来なかった場合は救命が出来ません。当研究室で、急性アルコール中毒のモデルマウスを作りサバイバルテストを行いました。(岐阜大学動物実験承認番号:No.29-95)

急性アルコール中毒のモデルマウス生存率

大量のアルコール(8g/kg:ヒト換算ウィスキー1L程)をマウスに投与すると、無処置のマウスでは12時間以内にすべてのマウスが死亡します(赤線)。5%グルコース液i.p.(緑線)は糖分の点滴処置を受けたと想定した群です。無処理よりは生存時間が延びますが、それでも48時間以内にすべてが死亡しました(緑線)。投与24時間後でも死亡が見られるのは、24時間以降のアセトアルデヒドによる酸化ストレスが長時間高いまま続くことで細胞が傷つけられ、臓器障害が生じると考えられます。このモデルに配合物「SUPALIV」を合計4回(アルコール投与前1回、その後12時間おきに3回)投与したところ、すべてのマウスが生存しました(青線)。「SUPALIV」はアルコールとアセトアルデヒドの代謝を促進するだけでなく、酸化ストレスを抑えることで急性アルコール中毒を予防することが出来ると考えられます。

※アルコール(比重計算量6.4g/kg)は蒸留水で500μlに希釈して腹腔内投与した。
5%グルコース液は500μlをアルコール投与の30分前に腹腔内投与した。SUPALIV(60mg/kg)は蒸留水500μlに溶解してアルコール投与の30分前と投与後12,24,36時間(▼ 時点)後に経口投与した。<市販のSUPALIV 1粒は約600mgの有効成分を含有>

《抗酸化研究》

身体は放射線を浴びると体内で酸化ストレスが発生します。その酸化ストレスをどのくらい打ち消すことができるのか、抗酸化物質である「ビタミンC」、「レズベラトロール」と「Twendee X(トゥエンディ エックス)」で比較しました。(岐阜大学動物実験承認番号:No.29-97)

サプリメントを3日間飲ませた後に、放射線照射(6Gy)を行い、その3日後に血液中の酸化度を測定しました。(7日間投与:放射線照射の前後合わせて7日間)
ビタミンC150mg/kg(ヒト体重60kgの場合9g相当)を3日間投与した場合、酸化度は約30%軽減(統計的有意差なし)しましたが、 抗酸化効果があると言われている赤ワインに含まれているポリフェノールの一種、レスベラトロールの大量投与では反対に40%近く酸化度が上がりました(赤)。一方 Twendee XはビタミンCの1/10の量で酸化度が1/3に大きく軽減し(緑:p<0.05,t-test)、放射線照射前後7日間続けて飲ませた場合は更に酸化度を下げ、-15%と放射線照射で上昇した酸化だけでなく、常日頃自然に起こっている酸化も抑制できることが分かりました。

放射線照射(6Gy)

体重60kgの方で9gに相当する多量のビタミンCを飲ませても酸化度の低下はわずかです。 赤ワインに含まれているポリフェノールの一種で抗酸化効果があると言われているレスベラトロール大量投与では反対に酸化度が上がってしまいました(赤)。 TwendeeXはビタミンCの1/10の量で酸化度が1/3に大きく減っていることが分かります(緑:p<0.05,t-test)。同じ実験で放射線照射の前後7日間続けてTwendeeXを飲ませたマウスでは酸化度は-15%にまで下がってしまいます。
TwendeeXは長期使用することで、放射線照射で上昇した酸化だけでなく、常日頃自然に起こっている酸化も抑制することが証明されました。マウスに使ったTwendeeX15mg/kgは体重60kgの方ならTwendeeX3粒に相当する量です。
世界中の論文や文献の検索を行いましたが、人体に副作用がまったくなく、動物実験でこのような強い抗酸化効果が認められるのはTwendeeXだけです。

【過去に実施した臨床試験及び非臨床試験、モニター試験結果】
《糖尿病‐PGTT後の血糖値とインスリン値の変化》 
これは2015年12月に開催された「第13回日本機能性食品医用学会」で発表された動物実験データです。(岐阜大学動物実験承認番号:No.29-96)

過去に実施した臨床試験及び非臨床試験、モニター試験結果

高脂肪食と砂糖の自由摂取で糖尿病になったマウスにTwendee Xを1ヶ月間、40mg/kg/dayになるように飲料水に入れて飲ませました。Twendee Xを飲ませた群は、飲ませなかったコントロール群と比べて血糖値もインシュリン値も下がりました。
Twendee Xはインシュリンを使わずに血糖値を下げるため、膵臓に負担をかけず、糖尿病の予防や進行を抑えることができることが期待されます。

《癌転移-肺転移とナチュラルキラー活性》
これは2016年4月にアメリカで開催された「米国癌学会」で発表された癌転移実験データです。(岐阜大学動物実験承認番号:No.29-96)

過去に実施した臨床試験及び非臨床試験、モニター試験結果

ヌードマウスにヒト大腸がん細胞を静脈に打ち込み、肺転移モデルを作成しました。Twendee Xは37mg/kg/dayになるように飲料水に入れて6週間飲ませた結果、肺転移数は飲ませなかったControl群の1/6に減少しました。また免疫に関係するナチュラルキラー(NK)細胞は、転移を起こした体内での活性は下がりますが、Twendee Xの服用で活性を倍近くに上げることがわかりました。

【過去に実施したモニター試験結果:株式会社アイズ 2017年2月8日~5月7日 調査実施分】 《花粉症》

Twendee Xの約2ヶ月連続使用モニターアンケート調査結果です。(参加者は20代~50代以上の女性 102 名)

花粉症モニター
モニターからのアンケート結果
  • ・ひどい花粉症の症状が出ることなく、この春は快適に過ごすことができました。
  • ・今年は花粉が多いのに去年よりかなり楽になって驚いている。もう少しお値段が安いとありがたい。
  • ・すごく身体の調子がいいです。ぜひ、パッケージにも花粉症を改善することを書いてほしいです。素敵な出会いに感謝しています。
  • ・花粉が軽度のときは問題なかったが、ピーク時になると市販薬が必要だった。
  • ・こちらを使ってみて去年と比べると市販薬を飲む回数が圧倒的に減りました。
  • ・花粉症に効果がある、というのが実感できました。毎年の悩みである目の症状が緩和されたのが、何よりうれしいです。
  • ・この2ヶ月間は、風邪もひいていないし、くしゃみや鼻水、鼻の周 りのかゆみ、目のかゆみなどがほとんどなかった。
  • ・花粉症以外にも肌荒れが軽減したり、疲れにくくなったような気がしました。

《睡眠時無呼吸症候群のモニター》

ここ最近では、睡眠時無呼吸症候群の患者の7 0%以上に炎症性マーカーが上昇し、血液中に活性酸素種が増加しているとの報告が多数見られます。そこで、睡眠時無呼吸症症状を家族から指摘されている方にTwendeeXを最低3週間継続内服していただき、前後の症状についてのアンケートを行いました。

睡眠時無呼吸症候群のモニター

学会発表

欧州TIMA医療財団の方針により、2014年まで研究結果は特許申請にのみ使用してきましたが、 特許取得後2014年以降より学会報告を開始しております。

2018年

6月 20TH ISANH International Conference on Oxidative Stress Reduction, Redox Homeostasis & Antioxidants.
"What happens ROS reduced in various disease?"

2017年

12月 第15回日本機能性食品医用学会総会
"抗酸化配合剤Twendee Xの癌に対する作用"
10月 8TH World Congress on TARGETING MITOCHONDRIA.
"EFFECTS OF TWENDEE XON HUMAN CANCER CELL GROWETH AND METASTASIS."
9月 第7回日本認知症予防学会学術集会
"抗酸化剤Twendee Xの脳神経系における作用の基盤的検討"
10月 19TH ISANH International Conference on Oxidative Stress Reduction, Redox Homeostasis & Antioxidants.
"NEUROPROTECTIVE EFFECTS OF TWENDEE X."

2016年

10月 第7回ミトコンドリア標的世界会議
"Twendee Xの酸化ストレスからの細胞保護の特性"
8月 第69回日本酸化ストレス学会
"マウス放射線照射を用いたTwendee Xの抗酸化効果と他配合物の比較検討"
4月 第102回 日本消化器病学会総会
"酸化ストレスをターゲットにした炎症性腸疾患治療の基礎研究"
4月 米国癌学会2016年次総会
"ヌードマウスにおける酸化ストレスをターゲットにしたヒト癌細胞の増殖と肺転移"

2015年

12月 第13回日本機能性食品医用学会
"Twendee Xの抗酸化活性測定"
11月 第70回日本大腸肛門病学会
"新しい酸化ストレス低減配合剤Twendee Xによる潰瘍性大腸炎治療の基礎実験"
10月 第50回日本アルコール・薬物医学会
"アルコール代謝から見るアルコール性臓器障害予防の可能性 酸化ストレス低減の重要性"

2014年

12月 第12回日本機能性食品医用学会
"アルコール代謝と酸化ストレス—アルコール代謝が進むサプリメントはあるのか?"
9月 第67回日本酸化ストレス学会
"Twendee Xの抗酸化ストレス効果"
9月 第67回日本酸化ストレス学会
"アルコールの酸化ストレスにおけるSUPALIVの影響"
6月 第14回日本抗加齢学会総会
"Twendee Xがマウス放射線酸化ストレスモデルに与える抗酸化効果"
6月 第14回日本抗加齢学会総会
"多量のアルコールによる酸化ストレスに対するSUPALIVの効果"
6月 第14回日本抗加齢学会総会
"アルコール代謝から強力な抗酸化効果の発見まで"