LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

蒸留酒は酔いにくい?

2018.09.17

 

お酒というのは、エタノール(アルコール)が含まれた飲料なのです。

 

 

それをおおまかに分けると「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」と分けられます。

 

■「醸造酒」とは?

まず醸造酒の代表的なものは、ビール、日本酒、(清酒)、ワインなどです。

醸造酒は糖分を原料として、発酵させることでできるお酒です。

 

ワインであれば、ブドウなどの果実に含まれる糖分を酵母により発行させます。ビールでは麦のでんぷん質を麦芽で糖化させてから酵母により発酵させます。

日本酒では米のでんぷん質を麹(こうじ)によって糖化、発酵をさせます。

この発酵の時にアルコールが含まれた飲料になります。

 

■蒸留酒

 

蒸留酒の代表的なものは、泡盛、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、テキーラ、ジン、ラムなどです。

蒸留酒は、醸造酒などを蒸留することで作ります。

 

■混成酒

 

混成酒の代表的なものは、リキュール全般です。あとは、梅酒、マティーニに入っているベルモットなども混成酒といえるでしょう。例えば、カルーアミルクに使われるカルーア、他にもカンパリ、カシスなどもあります。

醸造酒や蒸留酒に、果物や薬草、甘味料や香料を加えたお酒です。

 

 

蒸留酒は酔いにくいの?

焼酎や泡盛、ウイスキーなどの蒸留酒は、醸造酒と比べて酔いにくいと言われることがありますが、アルコールの量でいいますと、蒸留酒も醸造酒も、中に入っているアルコール量だけで考えると、蒸留酒は非常にアルコール度数が高いのがあります。

泡盛だったらアルコール度数80%とかいうのもありますし、テキーラだとアルコール度数が90%超えるのもあるというようです。

これを、いつもの調子で飲んでしまうととんでもないことが起こると、考えてください。

 

飲むアルコールの量が多いと酔いやすい。これは当たり前ですが、アルコール度数の高いものを飲むときは、非常に注意をして下さい。

「薄めて飲む」、「ゆっくり飲む」など、飲み方を考えて飲んでください。