LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

アルコール度数が低ければ発生するアセトアルデヒドは少ない?

2018.09.13

 

お酒の中でもビールやワイン、ウイスキー、日本酒など色々な種類のお酒があります。

 

 

そして、アルコール量もそれぞれ違いがあります。

 

お酒の種類とアルコール度数

お酒の種類によるアルコールの目安としては、ビール中瓶1本(500ml)あたり、5%(アルコール量20g)、清酒1合(180ml)あたり、15%(アルコール量220g)、ウイスキー・ブランデーのダブル(600ml)あたり、43%(アルコール量20g)、焼酎35度1合(180ml)あたり、35%(アルコール量50g)、ワイン一杯(120g)あたり、12%(アルコール量12g)とされています。

参考:厚生労働省「アルコール」

https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b5.html

 

このように、お酒の種類によってアルコール量は異なります。同じ量を飲んだとしても、アルコールの量は飲んだお酒の種類により異なるのは当然です。

ではお酒に含まれるアルコール量が少ないものを飲めば、体内でできるアセトアルデヒドも少なくなるのでしょうか?

 

アルコール度数とアセトアルデヒド

それはもう単純です。例えば、100mlのビールはアルコール度数が5%だとします。そうすると5gのアルコールですね。

これは極端な例ですが、アルコール度数50%の焼酎とか泡盛があるとします。それを100mlだとすると、これにはアルコールが50gもあるんですね。

 

つまり、アルコールが先ほどのビールと比べると10倍入っているわけですから、同じ量を飲むとアルコール度数が高ければ高いほど、血液中のアセトアルデヒドも上がるということになります。

 

アセトアルデヒドは代謝物

そもそもアセトアルデヒドは、アルコールの代謝過程でできる成分なので、代謝するアルコールが少なければ、当然、体内で作られるアセトアルデヒドは少なくなるということです。

 

逆に、アルコールが多ければ、体内で代謝しなければならないアルコールが多いわけですから、アセトアルデヒドは多くなります。

 

最後に

アセトアルデヒドは身体を錆びさせる毒物です。お酒を飲む際にはアルコール量、度数に注意してください。どのお酒がどれくらいの度数かは知っておいても損はありません。

お酒についての正しい知識をもっていれば、深酒をせず楽しくお酒を飲めるようにもなります。それが健康にもつながると思います。