LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

朗報!マッサージやエステに抗酸化効果があるらしい!

2018.10.25

 

仕事で緊張したり、パソコンを長時間見ていたり、そんなときって肩が凝ったなーと実感される方って多いですよね。

 

 

疲れた自分を癒すためにマッサージエステに行くと、凝りがほぐれて楽になったり、身体が軽くなったように感じたりすることがあると思います。

 

マッサージやエステにはどのような効果があるの? 

 

ここでこの話題を取り扱うということは、まさかこんなことにも酸化ストレスが関係しているのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそのまさかなんです。

 

疲労の原因は乳酸じゃなかった!

そもそも、なぜ私たちの身体には疲労や肩こりが起こるのでしょうか? 

それらの原因は「乳」だと以前は言われていました。100年ほど前に「体が疲れると体内の乳酸が増える」という実験結果が出されたのですが、このときに乳酸の働きなどの詳細は明らかにされないまま、その結果だけで乳酸が疲労物質であるとされてしまったのです。

 

 しかし、最近の研究では乳酸は疲労物質ではなく疲労回復物質であるという、これまでの見解とは全く逆のことが言われるようになってきました。

乳酸は体内では、エネルギーとして使われることがわかってきたのです。乳酸自体はそのままの形ではエネルギーにはならないのですが、ピルビン酸という形に変化することで、ミトコンドリアでエネルギーに変換されるのです。このように乳酸はエネルギーになる物質ですから、それが溜まって疲労の原因となるということはないのです。また、乳酸は筋肉痛の原因とも言われていたことがありますが、筋肉痛は運動時に生じた筋肉繊維の断裂などが主な原因で、これもまた乳酸が原因ではないのです。

 

本当の凝りの原因とは?

では、肉体疲労や肩凝りの原因が乳酸でないのなら、本当の原因は何なのでしょうか? 

筋肉が凝って、肩が凝って、凝り玉ができてしまうようなことがあるわけですが、それは緊張で筋肉が固まった結果、血行障害が生じて「乳酸」が溜まっているというふうに考えられていることが今でも多いです。肉体疲労も肩凝りも乳酸が溜まった結果起こるものと考えられているのです。

しかし、先ほども言いましたが、乳酸が原因ではなかったのです。そして、今まさに研究が始まったところなのですが、実は肉体疲労や肩凝りの原因は「酸化ストレス物質」であろうということがわかってきました。

 

マッサージと言っても、様々な形態がありますが、「指圧マッサージ」で検証してみました。特殊な指圧マッサージをすると、非常に早い時間で凝り玉が消えるという現象を見つけました。

 

この現象に関して、人で血液検査を行ったところ、酸化ストレスの値がどんどん下がるというデータが出てきたのです! この詳しいメカニズムについてはこれからの研究でわかり次第、またご報告できたらと思っております。

 

最後に

話の最後になりますが、適切なマッサージやエステを受けるのは酸化ストレス軽減に有効だといえるでしょう。疲れが溜まってきたなというときは、そのままにしておくと酸化ストレスで体がサビつきかねませんから、自分へのご褒美としてマッサージエステに行くのが良さそうですね。

程よく自分をいたわりながら、疲労やストレスを上手に乗り越えていきましょう。