LOGO

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター
抗酸化研究部門

岐阜大学 ライフサイエンスリサーチセンター 抗酸化研究部門

できてしまったシワやシミは抗酸化サプリを摂れば消える?

2018.10.04

 

加齢とともに増えていくシワやシミって本当に悩ましいですよね。

 

 

以前にお話ししたように、体内の酸化ストレスは年齢が上がるにつれて増えていくのですが、同じように年を取るにつれて増えていくシミやシワというのも、やはり酸化ストレスに関係しているのです。            

では、酸化ストレスが関係しているということは、酸化ストレスを減らしてくれるような抗酸化サプリなどを摂れば、シワやシミは消えてくれるのでしょうか?

 

そもそも、なぜ年齢を重ねるとシワができるのか?

 

シワができる原因のひとつに、「肌の弾力の低下」が挙げられます。

肌の弾力が低下することで肌が弛みがちになり、しわができやすくなります。この肌の弾力はコラーゲンによって作られているのですが、酸化ストレスはこの大事なコラーゲンを分解してしまう酵素の働きを活性化してしまうのです。ですから、加齢によって酸化ストレスが増えることがコラーゲンの減少を招き、肌の弾力を衰えさせる原因になります。


また、女性の場合は、「女性ホルモン」の分泌量が低下することでコラーゲンの生成量が低下しますから要注意です。

女性ホルモンはコラーゲンの生成に大きく関わっています。この女性ホルモンの分泌量は20代半ばから30代前半をピークに、40代に入るとがっくりと低下します。酸化ストレスの増加と女性ホルモン分泌量の低下のダブルパンチで肌の弾力が失われていくというのは恐ろしいことです。

 

肌の弾力の低下以外にも、「肌の乾燥」もシワの原因になります。

加齢と共にお肌の水分保持力は低下します。洗顔後やお風呂上り、冬の時季などは肌の乾燥が気になってしまうという人は多いと思いますが、若い頃には乾燥が気になることなんてなかったのではないでしょうか。乾燥はちりめんじわなどの細かい小じわの原因になりますから要注意です。

 

そして、「紫外線」もシワの原因になります。人間の体は紫外線を浴びると、肌に酸化ストレスが生じます。この酸化ストレスもやはりコラーゲンの減少を引き起こします。加齢という内的要因と紫外線という外的要因の違いはありますが、どちらも酸化ストレスを上げてしまうのです。

 

シミの出来るメカニズムについて

シミの原因はずばり、紫外線です。

先ほども申しましたが、紫外線を浴びると、肌に過酸化水素が生じて酸化ストレスが増大してしまうのでしたね。この酸化ストレスは、肌のメラニン色素を活性化する働きがあります。メラニン色素の働きによって、日焼けした肌は褐色になりますが、これはそもそも紫外線から肌を守るための自然な働きなのです。ただ、そのメラニン色素が過剰に発生してしまったり、皮膚の代謝で消えずに残ってしまうとシミになってしまうのです。

 

シミとシワ、抗酸化効果について

シミとシワの原因について説明しましたが、どちらも酸化ストレスが少なからず関係していることがおわかり頂けたかと思います。では、抗酸化作用のあるサプリメントを摂ることで酸化ストレスを減らすことは、シミやシワを消す効果があるのでしょうか?

 

シワに関しては、残念ながら元に戻すということまではできません。

前にお話ししましたが、酸化ストレスを下げても死んでしまった細胞を生き返らせるということはできませんから、現段階で出来てしまっているシワを消すというのはできません。しかし、酸化ストレスを減らすことで、酸化ストレスによって起こるコラーゲンの破壊を軽減できますから、シワが深くなるのを予防する効果は期待できるのではないかと思います。

また、シミにつきましても、酸化ストレスを下げることでメラニン色素の働きを抑え、シミを薄くすることができるかと思います。


シワやシミの予防のために、酸化ストレスを下げるというのは効果的です。

不規則な生活・飲酒・喫煙・運動不足といった酸化ストレスの原因となる生活習慣は控え、抗酸化作用のある食事やサプリメントなどを上手く摂取されることをおすすめします。それに加えて、肌の保湿、日焼け止めなどもこまめに心掛けるようにしてくださいね。